野菜不足の解消に良いサプリメント!

1日あたりの野菜摂取目標は350g以上。両手に乗る量ですが、これが意外に難しい。お鍋の季節なら目標クリアかもしれませんが、普段は難しいという方も多いはず。野菜不足はビタミンやミネラル、食物繊維の不足につながり、便秘、貧血をはじめ、不調や病気のもと。

 

惣菜、野菜ジュースなどを利用するのも、不足を補う一つの方法ですが、1人暮らしや野菜嫌いなど、慢性的に不足する方にはサプリメントがおすすめです。どこでも手軽に摂れ、保存も簡単なので、続けやすい。当サイトでは、野菜不足を解消するサプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

ステラの贅沢青汁の特徴

栄養価の高い青汁をギュッと粒にしたサプリメントです。6大栄養素のクロレラ、還元力の長命草、ケールの青汁は、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富。体に良いけれど、青臭く苦いのが難点でした。そこで飲みやすい粒に!添加物を使わず、クロレラの粘りで固めています。飲み始めて1〜3ヶ月でスッキリいきいき実感という方、多数。1日3粒。安心の30日間返金保証あり。野菜補給の青汁が、続けられなかった方にも。

価格 1,960円
評価 評価5
備考 クロレラ・長命草・ケール

 

体にうれしいマルチビタミンの特徴

10種のビタミンが摂れるマルチビタミンのサプリメントです。βカロテン、ビタミンB群、ナイアシン、ビオチン、葉酸、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEを配合。体内では作ることができないビタミンを補うことができます。化学合成による合成ビタミンは使っていません。そのまま摂るので、熱に弱い、水に溶けるなど、調理による損失がありません。1日2粒。小食などで、1日に必要な栄養成分が摂れない方にもおすすめです。

価格 1,728円
評価 評価4
備考 食品由来のビタミン10種

 

小林製薬 野菜と酵素の特徴

野菜と酵素を一緒に摂れるサプリメントです。17種の野菜と7種の穀物を、独自の発酵法で熟成して酵素を増やし、生きたまま凝縮しています。発酵前と比べると、グルコン酸220倍、酵素500倍、アミノ酸10倍に。大麦若葉やケール、人参、ウコン、生姜、大麦、あわ、ひえなどを使用。1日めやす4粒。野菜だけでなく、酵素もたっぷり補給したいという方に。

価格 972円
評価 評価3
備考 17種の野菜と7種の穀物の酵素

 

野菜不足になると出やすい症状は?

 

野菜を食べなくても生きていける、そう思う人もいるかもしれません。世界中には日常的に野菜をほとんどとれない地域に住んでいる人もいて、ほぼ肉食で一生を過ごすことも可能なのだとわかります。

 

肉類や魚類にもビタミンは含まれており、他の国の人達が食べているような野菜をとらなくても健康的に生きていられるわけです。

 

ただ、そのような民族には実はビタミン類を多くとれる特別な植物が身近に育っていたり、歴史的に長い年月を経て野菜をあまりとらなくても生命を維持できる遺伝子が受け継がれていたりします。しかし、そんな特徴のない民族にとっては、野菜が不足すると顕著になってくる症状の数々があります。

 

野菜不足で引き起こされる直接的な症状

 

特にニンジンに多く含まれることで知られるビタミンAは、不足すると近視や夜盲症など目に症状が現れやすくなります。

 

ほうれん草をはじめとする野菜全般に多いビタミンCは、不足によって風邪を引きやすくなります。これは、ビタミンCがバリア機能の役目を持っているためです。

 

野菜に多く含まれる食物繊維が不足すると、便秘症になることもよく知られています。ビタミンB6やB12、葉酸が不足すると、脳内物質のセロトニンが分泌されにくくなります。するとイライラしやすくなったり、うつ病の症状を起こしやすくなるでしょう。

 

慢性的な野菜不足が続いて引き起こされる生活習慣病の症状

 

野菜不足が長く続くと、生活習慣病を引き起こすことにもなりかねません。例えばビタミンEや体内でβカロテンになるビタミンAが不足すると、血流が悪くなります。すると次第に血圧が高まり、動脈硬化から心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす可能性が高くなるのです。

 

便秘が続くことによっても、腸内にガスがたまり、血液へと有毒物質がまわって全身によくない影響をおよぼします。野菜不足が妊娠中毒症を招く恐れもありますが、葉酸不足によって胎児に影響を与えてしまう恐れもあります。

 

野菜不足にならない!理想の食事はどんなの?

 

野菜不足が招く恐れのある数々の症状を避けるためには、野菜をしっかりとることが大切です。野菜に多く含まれるビタミンには複数の種類があり、それぞれが相乗効果を発揮しながら体の中で役立っているため、1種類のビタミンだけ取ればいいというわけでもありません。

 

ビタミン全般を生活に取り入れる必要があり、同じことがミネラルや食物繊維などにも言えるのです。では、野菜不足にならないための理想の食事とは、どのようなものを言うのでしょうか。

 

旬を取り入れた様々な栄養との組み合わせ

 

まず大切なのは、野菜に含まれるビタミンなどの栄養は、たくさんの種類を適量とる必要があるということです。ビタミンの種類によっては、必要量以上とると体内に蓄積されるビタミンAやビタミンEのような脂溶性もあれば、必要以上とると数時間中に排泄されてしまうビタミンBやビタミンCのような水溶性もあります。

 

脂溶性ビタミンが過剰になると病気になることもあり、水溶性ビタミンは一度に多くとっても無駄になってしまいます。また、ほんの少量必要なビタミンでも、他の栄養素が働くために必要なこともあり、不足は避けなければなりません。

 

これは、ビタミンだけでなく、ミネラルや食物繊維などの栄養素にもいえることです。季節によって旬の野菜があり、寒いときに体を温めてくれたり、暑いときには体を冷やして水分補給してくれるような役目を果たしています。そのため、野菜はなるべく旬を大事にして食べたほうがいいのです。

 

サプリメントで野菜の栄養を補給

 

栄養素ごとの組み合わせや旬を献立に取り入れようとすると、一家に一人栄養士が必要と思えるほど大変です。野菜は経済的にも家計を圧迫する材料となりかねませんから、工夫して食生活に取り入れることも大切です。

 

そのためには、適度にサプリメントを利用して野菜の栄養を補給することも一つのアイディアです。その際は、毎日とっても安心安全なサプリメントを選ぶようにしましょう。

更新履歴