子どもの野菜嫌い、野菜不足はどうしたらいい?

子供の頃、野菜が嫌いだったという人は多いでしょう。それでも、昔は今ほど食事が欧米型に傾いておらず、お菓子の種類も限られていたため、きちんと食事でお腹を満たして栄養状態が悪い子供は今ほど多くなかったのです。

 

しかし、インスタントや冷凍食品、ファストフードにコンビニ食と食が便利になった今の時代、野菜を毛嫌いして他のものしか食べない子供が増えているのは深刻です。ここでは、子供の野菜嫌いや野菜不足にどう対処したらいいかについて、お話しましょう。

 

子供はなぜ野菜を嫌うのか

 

子供に野菜を嫌う理由を尋ねても、明確に説明できる子供はそういないかもしれません。野菜はまずいと言われても、野菜のおいしさを知った大人には理解しにくいでしょう。野菜には独特の風味があり、子供が苦手としやすい苦味のある野菜も少なくありません。

 

中には、ナスやトマトのふにゃっとした食感を嫌う子供もいます。苦味や食感を味わわずに野菜を子供に食べさせるために、調理で工夫している方もたくさんいます。

 

しかし、どんなに細かく刻んでもお皿に淵によけられてしまうことも多いもの。そんなことが続けば、努力して子供のために作ったのに、ガッカリしてもう作りたくないという気持ちになるのも当然です。

 

昔ほど、生の野菜に多くの栄養が含まれていないという説も気になります。オーガニックの野菜なら良さそうと思っても、特別に栽培された野菜は高価になりがち。毎日続けていくには不経済で、途方に暮れてしまう保護者の方の気持ちもわかります。

 

子供に与えても安心なサプリメント

 

子供にどのように野菜をとらせたらいいかとなると、少し前の時代には青汁が人気でした。ただ、青汁の栄養は限られており、とりたい野菜の栄養を万全に補ってくれるとはいえません。そこで注目されているのが、サプリメントです。

 

子供にサプリメントなんてと眉をしかめる人もいるかもしれませんが、今やサプリメントは保存料や合成の添加物を使っていないものも増えてきています。全てが食品由来の栄養素を使ったサプリメントもあり、子供が栄養不足を補うためにも安心して与えられるでしょう。

 

普段の食事にも気をつけながら、食事からとれない栄養を補給するためにサプリメントを利用してみるのも一案です。