野菜不足だとニキビ・肌荒れになりやすい

野菜には、食物繊維やビタミン類が多く含まれています。他にも、ポリフェノールやミネラルなど、野菜の種類によって含まれている栄養が違うので、いろいろな野菜を食べることが体のためになります。美容面でも、ニキビや肌荒れを防ぐのに野菜は一役買ってくれます。ここでは、ニキビや肌荒れ解消など、美容における野菜の役目についてお話しましょう。

 

食物繊維不足で腸内環境が悪化

 

ニキビや肌荒れが起こるのは、内臓に問題があるからだとよくいわれます。腸内に老廃物質がたまると、有毒なガスが発生して血液を通して全身にまわってしまいます。すると血流が悪くなり、肌のターンオーバーを狂わせてしまうのです。

 

なぜ腸内に老廃物質がたまるのかといえば、食物繊維不足が大きな原因といえるでしょう。野菜にも食物繊維が多く含まれているため、意識して野菜を食べるようにすれば、腸内環境は自然に整ってきます。

 

肌の健康を司るビタミン

 

ビタミンの種類の中には、肌の健康を守っているものがあります。例えばビタミンAは肌を保護するために役立ち、ビタミンB2は皮膚の粘膜を丈夫にするために役立ちます。口内炎になるとビタミンBをとるといいというのも、口内の粘膜を健康にしてくれるためです。

 

ビタミンBには、糖質や脂質を分解してくれる働きもあります。最近では、シミができる原因として、糖化現象も話題になっています。糖分を取り過ぎていると、皮膚のたんぱく質と糖が結びついてシミの原因を作ってしまうというのです。だとすれば、糖質を効率よく分解するために、ビタミンBをとるようにすれば、美肌を目指せるということになります。

 

ただ、ビタミンBは水溶性のため、こまめにとるようにしないと排出されてしまいます。細胞の酸化を防いでくれるビタミンCやビタミンEも、肌荒れを防ぐのに有効です。このように様々な栄養素が肌の健康に関わっており、野菜を食べておくことが美肌を保つのに役立つのです。